2008y05m01d_231732625.jpg

最近、抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる人の危機管理

最近、抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる人の生活環境とは

■男性の抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる原因
男性の人なら仕事がハードで不規則だったり、十分な休息が取れていなかったりする場合が多いです。抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じたら最低でも食生活はバランスのよい食事をしましょう。

仕事が順調でハードなのも大変ですが、仕事がうまくいかずストレスによるタバコの本数の増加、飲酒量の増加も髪の毛の抜け毛を増やす原因です。

■女性の抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる原因
女性の人の場合は抜け毛に関して異変に気づくのは男性に比べて早いです。一般的に女性の髪の毛は男性の髪の毛に比べて長さがながいので洗髪の時とかで排水溝の抜け毛の量が多く見えるからだと思います。

女性の場合の髪の毛の抜け毛を増やす原因は無理なダイエットやストレスが圧倒的に多いとされています。抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じたら男性同様に最低でも食生活はバランスのよい食事をしましょう。



何かしらの育毛や抜け毛対策を行なっている人は
太い毛の抜け毛だけではなく、細く短い毛の抜け毛が減っていることを確認する必要があります。

一般的に若はげと呼ばれる脱毛症は男性型脱毛症や壮年性脱毛症のことを指します。
思春期以降に脱毛が増加し30代で髪の毛が薄くなってしまう事が多いようです。額の生え際や頭のてっぺんあたりから薄くなり進行していくのが特徴です。脱毛した部分の髪の毛は細い弱々しい毛やうぶ毛になっていることが多く、さらに進行すると髪の毛がなくなってしまうこともあります。

また壮年性脱毛症は、一般的に男性だけでなく女性にも見られる遺伝性の薄毛又は抜け毛です。壮年性脱毛症はゆっくりと何年もかかって進行します。壮年性脱毛症の人の抜け毛は、特に細く短い毛の抜け毛が多くなる場合が多いです。1日あたり50〜300本抜けることは正常な範囲ですので心配な人は自分ひとりで悩まず専門のところでみてもらうのもいいかもしれませんね。

男性ホルモンと抜け毛の関係

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

■ストレス社会とホルモンのバランス
ストレス社会と呼ばれる現在では男性、女性に関わらずストレスによる弊害にさらされています。外見で切実なのがストレスによる抜け毛ではないでしょうか。

これはホルモンのバランスが崩れることによって発生する弊害です。ホルモンのバランスが崩れるとは抜け毛に関して言及すると男性ホルモンの過剰分泌のことです。

男性ホルモンは生まれつきの分泌量の差で多い少ないはありますが、強いストレスが原因で増加する事は間違いありません。女性の場合は、月経異常や生理不順などの原因になったりします。

■男性ホルモンの過剰分泌の弊害
男性ホルモンは増えすぎると皮脂の過剰な分泌によるニキビの発生や、分泌元である前立腺の疾患などのリスクがあがります。 髪の毛に関しては、薄毛・抜け毛など特に外見上で悪影響の原因になります。

しかし男性ホルモンが原因で薄毛の傾向にあっても希望を捨てることはありません。男性ホルモンの過剰分泌は、生活習慣や食生活を見直すことで改善されることが多いのです。また、頭皮の血行を促進することでも、薄毛を遅らせることも十分可能です。

■男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛・薄毛の対処法
男性ホルモンをうまく抑えるにはとにかく意識してストレスの原因を作らないことです。特に、長時間のパソコン作業など同じ種類のストレスは長い時間受け続けないように工夫してください。仕事上ではなるべく気分転換を取り入れてストレスを溜め込まないようにしましょう。

その他、薬による改善や女性ホルモンの注入、または自然の成分を使った対処法などがあります。育毛を主に考えるなら、各種の育毛剤(薬)や自然の成分などで改善を図ることが現実的かもしれませんね。
2008y06m04d_215012109.jpg
自然の成分で有名なのは以下にあげるものです。
□プラセンタエキス
□ホホバオイル
□ソーパルメット(ノコギリヤシ)

いずれにしても根本原因であるストレスから離れる環境を作り出さないと髪の毛に関する弊害以外も起こりうる可能性がありますので自分自身の生活を振り返って改善できることから日常生活を変える意識を持つ事が大切かもしれません。

かつらに関する失敗

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

髪に関する皆さんの関心も最近のかつらのCMの多さなどでわかると思います。育毛などの処置や薬剤の開発も日々進んでいるようですがかつらに関する技術も格段に向上しているように感じられます。なんといっても見た目では自毛と変わらない自然なかつらのCMなどは今後も大きな期待を感じてしまいます。

2008y05m19d_224821046.jpgそんなかつらですがかつらになじみがない人は色々と素朴な疑問を感じませんか?そんな疑問を集めてみました。

■かつらは一生モノ?
かつらには寿命があります。メーカーなどにもよりますが大体2〜3年ぐらいが寿命とされています。メガネやスーツなどのように同じモノをうまくローテーションして使いまわすと長持ちするといわれています。

■かつらの返品はできるの?
かつらは基本的に返品は不可です。現実的にオーダーした人がいきなり返品することは考えにくいです。考えられるのは出来上がったかつらがイメージと違っていた、ということは起こることもあります。この場合はメーカーさんにもよりますが負担のかかる作り直しはイヤがる場合が多いです。

■良心的なかつらサロンとは?
かつらは先ほど述べたとおり使用していくうちに痛んでゆく、消耗品に近いモノです。かつらを使用している人の殆どはかつらの買い替えを経験されている方であると考えられます。人の好みは様々ですしかつらは決して安価なものではありません。

こういった微妙な個人のイメージをかつらで表現する事にやはり各メーカーさんは苦労されているようです。良心的なかつらサロンというのはお客様の話をよく聞いてくれて納得のいくまでこだわりに付き合ってくれるところであると思います。

■かつらに関する失敗
かつらに関する失敗はお店選びですでに失敗するケースも多いようです。注文して出来上がったイメージと違っているかつらにたいして「この方が自然ですよ」などと説得するお店や、次々と新しい商品をセールスしてくるお店では安心して満足できるかつらは探せないでしょう。口コミや信頼できる情報からお店を探すことが近道のようです。

かつらに関する失敗でもう一つ多いのが取り扱いによる損傷だそうです。かつらは毎日つかうものです。不潔のまま使い続けると、汗や頭皮の脂にさらされダメージを受けやすくなるといえます。さらに細菌や菌が繁殖してかつらの劣化の原因になってしまいます。このように適切でない取り扱いによる失敗が多いそうです。


かつらメーカーさんの髪に関する情報や経験はなかなか侮れません。髪の毛のトラブルや髪の毛に不安を感じている人は試しに無料ヘアチェックや無料育毛冊子の資料請求などしてみてはいかがですか?

抜け毛のメカニズム

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。薄毛抜け毛の原因は人それぞれです。

受身では情報が入らないことも多く人知れず悩む人も多いようです。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

最近すっかり育毛という言葉が世間一般に浸透してきましたが、意外と髪の毛が生えるメカニズムについて正確に知らない人が多いようです。

抜け毛、薄毛の悩みの解消には、原因を知る必要があります。髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで髪のトラブルの対策を立てることができます。

■髪が抜け新しく髪生える仕組み
頭皮の中には、髪の元が生成される場所があります。この毛の元の部分を「毛根」といい、毛根は頭皮の毛包の中から生えてきているのです。

新しい髪の毛を作るための栄養分は、毛細血管に乗って髪の「毛乳頭」という部分に送られます。「毛乳頭」は毛根の根本にあるふくらんだ部分の中心で、根本の丸い部分は「毛球」と呼ばれています。毛乳頭に届けられた栄養分はここで新しい髪の毛の育成に役立てられるのです。

■ヘアサイクルを理解する
髪には「毛周期」というサイクルがあります。「成長期・退行期・休止期」を繰り返している現象で、これで寿命を終えた髪が抜け、新しい髪が生えるのです。

ここでのサイクルは人によってばらつきがあります。成長期は人にもよりますが、だいたい3〜6年です。それを過ぎると退行期に入ります。これは2〜3週間とされ、その後休止期に入ります。休止期の髪は、新しい髪に押し出されるような形で自然に抜けていきます。休止期は表面上では解りませんが、内側では新しい髪を作っている時期なのです。

■一日に抜ける髪の量
栄養が毛乳頭に行き届き、髪を作る機能を順調に働かせているかぎり髪の毛は健康です。一日に抜ける髪の毛は、男性で100本、女性で150本程度が平均と言われています。これは季節などによっても違いがあり、異常に多いと自覚する以外は悩む心配はあまりありません。休止期を迎えた髪の毛は自然と抜けるものなのです。髪の毛のサイクルが正常なら、新しい髪の毛が育つ準備は整っているはずです。

■異常脱毛はサイクルを正常にすることが第一です
抜け毛の量があまりにも多すぎる場合はサイクルに狂いが出ている可能性があります。この場合は、対策を立てなければなりません。この髪の毛のサイクルを乱さないようにすることが、抜け毛を防ぐポイントです。言い換えれば、異常脱毛の症状が出た場合は、その原因と髪の毛のサイクルを正常化にする根本的な対策から考えていくことがベターです。

髪の毛にいいシャンプーとは

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。髪の悩みは案外身近なところから原因や思い当たることもあるかもしれません。

髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。同じ悩みをもつ人なら相談も出来るかもしれませんがなかなかそうもいきません。ましてや女性の場合はなおさらです。

2008y05m13d_000111046.jpg今回は髪の毛にいいシャンプーとはについて少し解説してみたいと思います。シャンプーは薬事法によって「化粧品全成分表示」が義務付けられています。そのため配合割合の順に成分が表示されています。特に髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人には髪の毛にいいシャンプーというものを使いたいものですよね。

■髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人のシャンプー選び
簡単に結論から言うとシャンプーにトリートメント成分やリンス成分が混ざっているのはまずダメだと思ってもらっていいと思います。シャンプーにトリートメント成分やリンス成分が混ざっているシャンプーの洗浄力が落ちて油脂が頭皮に残ってしまう可能性が高くなります。頭皮の油脂は脱毛を引き起こす大きな原因の一つです。頭皮に必要以上の油脂が状態はなるべく作らないようにしましょう。

■界面活性剤の入った合成シャンプー
界面活性剤の入った合成シャンプーはなるべくさけたいものです。合成シャンプーの利点は、洗浄力も強く、泡立ちもいい事です。さらに最近ではお好みの香りも選べてお風呂でもリラックスタイムに一役かってくれている事も多いかもしれません。

しかし、合成シャンプーの難点は、髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人にとっては最悪の相性なのです。下手をすると抜け毛や薄毛の原因を作っている可能性すらあるのです。

■一般的に平均点の高い石鹸シャンプー
石鹸シャンプーは髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人でも割と愛用者も多く抜け毛や薄毛の原因になることはないようです。石けんの界面活性剤は、合成シャンプーの界面活性剤と同じように、洗浄力も強く合成洗剤並みです。しかし、ある濃度以上に薄くなると、急に洗浄力を失う特徴を持っています。これは、頭皮の皮脂膜を根こそぎとってしまいかねない合成シャンプーに比べて格段に安心できます。

ただ石鹸シャンプーの難点は使い慣れるまで石けんカスが髪に残ったり、フケ状のものが出やすいということです。あと人によっては痒くなったりすることが多いとも言われています。あくまで個人差があるのでまずは自分自身で試してみることが一番かもしれませんね。

■まとめ
はげている人は、頭皮が汚れてる事が多いです。毎日キッチリ丁寧に髪を洗っていても、実は頭皮が汚れてる事が多いのです。きちんと汚れを落とす役目のシャンプーが頭皮の油脂汚れを落としてくれていない事があるという事を理解しましょう。
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。