2008y05m01d_231732625.jpg

育毛に自然成分を使う

男性ホルモンと抜け毛の関係では男性ホルモンの過剰分泌の弊害について少し解説しました。その中で、男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛・薄毛の対処法として自然の成分を使った対処法を紹介しました。

育毛を主に考える自然の成分で有名なのは以下にあげるものです。

□プラセンタエキス
□ホホバオイル
□ソーパルメット(ノコギリヤシ)


少し詳しく見ていきましょう。

■プラセンタエキス
プラセンタエキスには、過剰な男性ホルモンを抑える働きがあります。また、プラセンタエキスの血行を良くする作用によって、頭皮では皮膚への血流が盛んになり栄養状態も良くなります。ほとんどの慢性病を改善する効果があると言われています。

プラセンタエキスとは胎児と母親をつなぐ「胎盤」から抽出した物質です。抽出方法は色々あり、アミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれています。商品化されているモノはメーカーによって由来は様々です。ヒトや牛から抽出されるのです。

■ホホバオイル
ホホバオイルは、主に北米の乾燥地帯に生息している植物「ホホバ」の実から抽出される天然成分です。

ホホバオイルには頭皮の健康を回復したり傷んだ髪を修復する働きがあります。また、ホホバオイルには皮脂腺の活動を抑える性質があります。これは、にきびやフケのように皮脂の分泌過剰によって起こる状態を抑制する働きがあります。

■ソーパルメット(ノコギリヤシ)
ノコギリヤシは別名ソーパルメットと呼ばれている植物で、北米南東部にかけて広く分布するヤシの一種です。

このヤシの果実ノコギリヤシ(ソーパルメット)に含まれる脂質が、脱毛の原因であるテストテロン(男性モルモンの一種)の取り込みを抑制するのです。

いずれの自然成分も副作用の心配がほとんどなく安心して使用できる点が共通しています。

男性ホルモンをうまく抑制してやることで、男性型脱毛症の進行をストップさせたり、体調そのものを快調にしてくれたりします。また皮脂の過剰な分泌によるニキビ予防、または分泌元である前立腺の疾患から改善をはかることができるのです。

そして、意外とおろそかにしがちなストレス管理や、食事バランスなどの生活環境の見直しも同時に行うことが若はげや薄毛の予防に効果的です。まずは出来ることから少しずつ髪と頭皮にいいことを行うことを心がけることが大切です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ノコギリヤシ 育毛
Excerpt: ノコギリヤシを服用したら、耳の裏や鼻の皮脂の異臭が消えたのですが、ありえます... ノコギリヤシを服用したら、耳の裏や鼻の皮脂の異臭が消えたのですが、ありえますか?3日程でこのようなことになりびっくり..
Weblog: 薄毛対策
Tracked: 2008-06-30 12:23
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。