2008y05m01d_231732625.jpg

知ってるつもり?髪の傷みの原因

髪のトラブルは薄毛や抜け毛だけでなく、現在生えている髪の傷みも割合的に多いのが現状です。これは、特に女性に多くパーマやヘアカラーで髪の毛もおしゃれの一部分として認識していることが要因だとも言われています。

■意外な傷みの原因
髪毛は、いくつかの理由によって傷んでしまいます。意外かも知れませんが、シャンプー時の洗髪のやり方や、入浴後の髪のお手入れによって髪は痛んでしまうのです。しかも、洗髪はほぼ毎日行なう人がほとんどですので間違った洗い方や間違ったお手入れによって毎日髪は傷み続ける可能性があるのです。

■正しい髪のお手入れ
毛髪の表面をおおっている部分にはキューティクルと呼ばれる物質です。キューティクルが傷むと髪はツヤやコシが無く、パサつき、切れやすい。一度、キューティクルが傷んだり剥がれると髪がいびつな円状になる為に、髪の毛の摩擦が高まりブラッシング等で悪循環が生まれてしまうのです。

この外側の刺激から毛髪内部を守り、髪につやを与えているキューティクルを傷つけない洗髪のためにシャンプーするときに乱暴な洗い方をすることはタブーです。キューティクルは摩擦に弱いので、、簡単にはがれて髪はつやを失う事になります。

そして無理にブラッシングすることや、濡れたままの髪にブローをするのも髪が傷むことにつながります。ブラッシングを無理にしてしまうことも、キューティクルをはがすことになって、髪にはよくありません。

■水分は髪に大敵です
水分を含んでいる髪は、キューティクルがはがれやすく傷みやすい状態にあるといえます。洗髪後はきちんとタオルでふいて水気をしっかり取る事が基本です。さらに、濡れたままドライヤーをかけることも禁物です。

髪を冷暖房の刺激にさらしすぎるのも、キューティクルを守るという点ではよくありません。濡れた髪は紫外線の刺激にも弱いので、濡れたまま日に当たることは避けなければなりません。

■基本的なことですが
パーマやヘアカラーはイメージ通りあまり髪に良くないので頻繁にしない方ベストです。

気を付けていてもなかなか避けられない髪のダメージには、トリートメントやコンディショナーでしっかりと髪のケアを行うことがなによりでしょう。また、自分の手だけでなく、美容院で定期的に専門的なトリートメントを行うようにすることもいいかもしれませんね。
この記事へのコメント
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106666307
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。