2008y05m01d_231732625.jpg

薄毛は遺伝が原因なのでしょうか

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

抜け毛、薄毛の悩みの解消には、原因を知る必要があります。髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで髪のトラブルの対策を立てることができます。
頭髪の抜け毛の原因は人それぞれ違います。男性の場合と女性の場合も抜け毛の原因は大きく違うこともあります。

■一般的な抜け毛の原因
一本一本の髪の毛はみな個別の寿命(ヘアサイクル)があります。一般的に髪の悩みや抜け毛をまったく気にしない人の場合、発毛・成長・脱毛・再発毛のプロセスは3〜6年といわれています。一方、抜け毛や髪のトラブルに悩む人の多くはこの頭皮のサイクルに異常が生じている事がほとんどです。抜ける髪があれば新しく生える髪もあるのです。この新しく髪がはえるプロセスに問題が発生し頭の髪が薄くなっていくのです。

■髪は毎日抜けるものです
毎日頭髪は抜け落ちます。髪が抜けたからと神経質になる必要はありません。季節や体調にもよりますが一時的に一日に100本を越えるほど抜け毛がある場合もあります。しかし、普段抜ける以上に抜け毛が増えたと感じるようになった場合は対策を講じるべきです。

■遺伝による抜け毛
抜け毛の要因には、遺伝によるものもあります。どちらの親もともに髪が薄い場合や、母親の髪が薄い場合、その男性の子供はほぼ確実に抜け毛になると言われています。遺伝由来の原因によって抜け毛となったとしても、防止策をきちんととっておくことで抜け毛の進行を遅らせ、現在の頭髪の状態を保つことができます。誰しも、年齢を重ねるごとに抜け毛は増えていきます。

■正しい対策はムダではない
遺伝による薄毛は避けられないかもしれませんが、抜け毛対策をしていた人とそうでない人には確実に差が出ます。頭髪の抜け毛対策をきちんと行い、現在の頭髪を減らさずに維持していくことには大きな意味があります。

抜け毛を引き起こす原因は1つではなく、フケが引き起こす頭皮の炎症、血流不足による毛根の栄養不足、皮脂の過剰分泌による負担など、複合的な要因によるものです。ひとつずつでも改善していくように心がけていけば何もしていない人とは大きな差が開きます。自分の頭髪の抜け毛の原因が何かを知ることも防止策を立てる上での重要ポイントです。

抜け毛の原因を知るためには、美容クリニックや専門家のカウンセリングを受けてみることで解決の糸口となることがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106983431
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。