2008y05m01d_231732625.jpg

髪にいい海草神話

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。

髪が抜け始めて頭髪の量が薄くなってからはじめて育毛や増毛に関する情報を探し出した人も多いかもしれません。実際は髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。抜け毛、薄毛の悩みの解消には、原因を知る必要があります。

髪の毛の情報は昔からのあやふやな情報や不確かな知識が氾濫しているのも事実です。大切なのは、髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで髪のトラブルの対策を立てることができます。

■日々の食事で抜け毛と闘う
髪が抜けてもまた生えてくるようにヘアサイクルを保つには、日々の食生活を改善することも重要です。実は、日々の食生活が乱れがちな人は同時に生活習慣も良くない場合が多いのです。丈夫な髪が生えてくるには、髪に十分栄養を送れる健康な頭皮と十分な栄養が必要なのです。

■頭髪の根本は食事で作られる
毛根に送られる栄養分を元に、頭髪は作り出されます。栄養分は当然ながら食事によって摂取したものが根本になりますから、髪の栄養にならない食事ばかりでは新しい髪が生えません。抜け毛防止の観点から食事を考えれば最も大切なものは食事のバランスなのです。

■やっぱり髪にいい海草類
ファーストフードやインスタント食品がどこでも手軽に食べられるようになった現代では食事に費やす時間は少なくなる傾向にあるとされています。俗言う「食事を簡単に済ませる」という人が増えているようです。このような食品は手軽ですが、野菜類が少なく動物性脂肪が多い傾向があるので体にも髪の健康にもよくありません。オーバーカロリーとならないよう、体全体の健康も合わせて髪にいいバランスのとれた食事を考える事が大切なのです。

抜け毛防止にはバランスのいい食事と、海草類でミネラルを摂取すること、野菜や果物で体全体の酸化を防ぐなどの工夫が必要です。質の良いタンパク質を摂ることを主眼に、糖類や脂質はバランスを考えて適度に摂るというのが抜け毛防止の基本となります。塩分が多くなりがちな魚や揚げ物は摂りすぎに注意し、ビタミン類も摂取する必要があります。

食生活が偏らないように気をつけることで、健康な毛根が作られ抜け毛を防ぐことができます。飲酒は特に注意する必要があり、適切な量のアルコールは血行が良くなるため、抜け毛防止に効果があります。一方で飲み過ぎることは髪の成長を妨げるため、抜け毛の原因になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。