2008y05m01d_231732625.jpg

抜け毛予防の必要な時期到来?

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。

ましてや女性の場合はなおさらです。抜け毛、薄毛の悩みの解消には、原因を知る必要があります。髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで髪のトラブルの対策を立てることができます。

■地道に薄毛を予防しよう
薄毛と言われて抜け毛の対策をしなければならないのは中高年の男性ばかりではありません。もはやハゲイコール中高年の男性ではないのです。最近の傾向では、薄毛の問題は年齢や性別を問わずむしろ若者や女性の割合が増加しているとも言われています。

女性でも若者でも髪に関するトラブルや抜け毛の悩みを抱える時代なのです。抜ける髪と生える髪のバランスが取れなくなると薄毛になり、髪がまばらになります。薄毛になる原因は様々で人によってもちろん違いますが、生活習慣やストレスなどの要因が大きいのが最近の傾向だとも言われているのです。

■毎日の生活を見直す
頭髪は休止期、成長期、後退期を経て生え変わっていて、ヘアサイクルと呼ばれています。違いはありますが、大体2年〜7年が一般的なヘアサイクルで、薄毛を考える上では重要です。生活習慣が乱れると身体の色々な部分に支障をきたすことが多いのです。生活習慣の中でもとりわけ重要なのは、食事バランスと睡眠時間です。

特に、一人暮らしで食事のバランスが悪い人や、仕事の関係で睡眠時間が不規則な人などは注意が必要です。さらには、仕事上の極度のストレスは髪に良くないばかりか身体の健康そのものに悪影響を及ぼします。また、業務の関係でヘルメットを長時間着用する人なども髪に負担をかける環境にあると言えるでしょう。

■ヘアサイクルを考える
髪が長く伸び続ける期間は、成長期と呼ばれる期間の中においてです。しかし、頭髪の成長期の期間が短い人は、成長しきれない髪の状態であるため、髪にボリュームがなくなります。新しく生えた髪も弱々しく十分に成長する前に抜け、髪の下の頭皮が見えるようになります。薄毛の対策は、やっておいて損はありません。

近ごろ髪のかさが減ってきたような気がしている人や、家族や親類に薄毛がいるために気にかかっていた人は、対策に取りかかってはどうでしょう。地肌が見えるところまでいかずとも、毛の抜け方が激しくなった人は要注意です。

若い世代の人で抜け毛が気になる人の多くは髪の毛を染めたりパーマを充てたりして頭皮と髪の毛に負担をかけていることも多いようです。最近の傾向として整髪料で髪の毛をおしゃれの一部としてデザインする人も増えているようですが過度の整髪料の使用も髪の毛と頭皮には良くありません。

他にも薄毛防止に取り組むべきな人は、頭皮の手入れがおろそかでかゆみを感じている人です。今、自身の頭髪がどのような状態になっているかを理解し、薄毛の危険性が忍び寄っているようならばできるだけ早く対応を取る事が賢い選択かもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。