2008y05m01d_231732625.jpg

夜更かしタバコは薄毛の元?

ストレス社会の現代において仕事環境が悪化している人が増加する傾向にあるといわれています。人手不足による仕事量の増加、経営不振による高ノルマの中の業務、不規則な生活を強いられる雇用環境などストレスを解消する機会よりもストレスを溜め込む機会のほうが圧倒的に多い場合がほとんどです。

薄毛予防は生活習慣の見直しから
毎日の習慣を改めてチェックし直すことは、立派な薄毛対策です。午後10時〜午前2時は新陳代謝が盛んに促され、毛根の細胞の働きが盛んになります。頭皮の中で新しい髪が作られ、古い細胞と置きかえられていく時間です。薄毛対策のキーポイントは、この時間には既に布団の中に入り眠っていることです。冒頭で述べましたがストレスは抜け毛の要因となります。

最近はストレス社会といわれるほどストレスを持つ人が多く存在しているようです。ストレスは毛細血管を収縮させてしまい、髪に栄養が届かなくなってしまう大きな原因です。適度なストレスは人生においてのスパイスですが度が過ぎると様々な弊害が表に現われてくるのがストレスです。

居酒屋でだべってストレス解消は髪に良い?
薄毛にならないようにするには、ストレス解消手段やストレスを軽減する工夫をし、おおらかな気持ちを持つことです。ストレス解消方法としてアルコールや煙草を嗜む方もいるかもしれませんが、薄毛を予防するのであれば、そのストレス解消方法は適していません。居酒屋などで同僚と上司の悪口を言ってストレスを解消するのも良いですが頻繁に日常的になってしまうと髪に良くないことも多いのです。

髪の大部分はたんぱく質で形成されています。度を超した飲酒は肝臓を弱体化させて、タンパク質を生成しにくくしてしまいます。さらに、お酒を飲むとタバコの本数も増える人も多いようで、これも薄毛を促進している可能性があるのです。タバコの吸い過ぎは血管を縮め、頭皮へ行くはずの栄養を阻害するのです。薄毛防止に必要な成分であるビタミンCも、タバコを吸うとどんどん壊れていってしまいます。

薄毛を予防するためには、多くの栄養成分が必要です。偏りのない食事メニューを心がけ、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などを積極的に体に取り入れてストレスを解消できる健康的な趣味を持ったりすることから始めてみることがいいかもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タバコと薄毛の濃い関係
Excerpt:    タバコと薄毛の関連については、昔から指摘されている古いテーマです。たばこを吸うと血管が収縮し、その結果、頭皮の血流も落ちるの...
Weblog: 発毛育毛実践ブログ〜髪をもう一度生やす〜
Tracked: 2009-04-25 21:09
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。