2008y05m01d_231732625.jpg

シャンプーしすぎるとハゲるって本当ですか?

髪の毛のトラブルで悩む人の年齢が徐々に低年齢化しているといわれている現状で実際、多くの若者が髪に関しての何らかのトラブルや、不安を持っているのが現状です。髪の毛がはげるという現実は様々な原因から起こるものであり、髪の毛の状態も、体質も、生活環境も人それぞれです。

■シャンプーをしすぎるとはげるのか
そもそもシャンプーは頭皮とかみの汚れを落とすことが目的です。整髪量を多用している人は頭皮の状態が良くない場合が多くそれでも髪に塗った整髪料を落とすためにしっかりとシャンプーで洗い流す必要があります。

シャンプーーをしすぎるといけないとは一概にはいえない場合が多いのもそれぞれの生活環境などの違いがあるからです。

特に、市販のシャンプーは、洗浄成分が強いものが多く、皮脂を落とす成分が強く配合されているシャンプーも少なくありません。こういったシャンプーを使用している場合は、かえって頭皮の皮脂を取りすぎてしまい、皮脂腺を活発にしてしまって逆に脂が出てしまう結果になってしまう事もあります。その結果、出過ぎて毛穴が詰まって、毛根が弱くなることもあるのです。

シャンプーをして洗髪をする割合は、頭皮の皮脂汚れがひどい人は毎日するほうが良いとされていますが、その判断も曖昧です。しかし、洗髪する場合は一度に多量のシャンプーで洗うよりは、少量のシャンプーで二度洗いをするほうが汚れがきれいに落ちるので知らなかった人はしっかり実践してみることをオススメします。

逆にシャンプーの回数を減らすことで抜け毛を少なく抑えようとしても、あまり意味はありません。抜け毛を減らすためには、正しいやり方での洗髪と頭皮をケアすることを目的としてしっかりと知識を持って行なうことが重要です。

■整髪料を多用している人はきちんとした手順が重要です
抜け毛を防ぐためには、洗髪をする時に熱すぎるお湯を使わないようにします。40度ぐらいのお湯で、まず頭髪を十分に濡らしその状態でしっかり汚れを落とします。この、お湯を使って洗髪した時点で整髪料などのおもだった汚れを洗い流します。

それから、シャンプーを手の上でお湯で薄め、髪の毛に塗り込むようなつもりで洗います。指の腹の部分を使い、爪を立てないようにしてマッサージするような形で洗髪します。洗髪の時に指に力を入れなくてもきちんと汚れは落ちます。力を込めてこするのは頭皮にダメージが行くので避けましょう。洗い終わったら一度すすぎ、再度シャンプーをしますが、抜け毛防止には、シャンプー剤が残らないよう十分にすすぎ洗い流す事がポイントです。

■髪型とおしゃれ
若い方は髪形もおしゃれの一部として捉える傾向が強いので、整髪料やヘアワックスで髪型のセットを行ないますが、抜け毛予防の観点からみるとマイナスです。さらには髪を染めたり、髪を脱色したり、パーマをあてたりしている人も多いようですが、これも抜け毛予防の観点からみるとマイナスです。

髪型は気になりだすと、女性の化粧と同じように無くてはならないもののように思えてきます。しかし、髪そのものがはげてなくなってしまっては色や髪型を気にする話もできません。将来に不安を感じたら方向転換を考えることも賢明な選択ということを忘れないようにしたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/110010976
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。