2008y05m01d_231732625.jpg

シャンプーの安全

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

これは「髪の毛の知識」の項目で少し触れました。育毛、増毛、さらにはかつらの使用を選択する場合にも髪の毛に関する正しい知識はもちろんのこと頭皮に関する正しい知識は必要不可欠です。今回の項目ではシャンプーの安全について簡単に説明していきたいと思います。

シャンプーは薬事法によって「化粧品全成分表示」が義務付けられています。そのため配合割合の順に成分が表示されています。特に髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人には注意があります。このシャンプーの成分の中でも特に注意して見てもらいたい成分がラウリル硫酸ナトリウム(Sodium Laureth Sulfate)です。

■安価でコストダウンの闇と影
石油の価格が上昇しています。これは一番身近なガソリンが値上がりしたことでも身をもって実感している人は多いと思います。先ほど述べたラウリル硫酸ナトリウムは、少量でよく泡が立つうえ、値段も安いことからシャンプーの商品原価を下げる為に多くのメーカーが原料として使用していました。もちろん今でも使用しているメーカーもあります。シャンプーのボトルの裏の成分ラベルにラウリル硫酸ナトリウム(Sodium Laureth Sulfate)または単純にSLS が載っている商品は使わないほうが賢明です。

■ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)の毒性
ラウリル硫酸ナトリウムは肌荒れ・乾燥、白内障、フケ、脱毛、アレルギー、ガンを引き起こす可能性があるということが最近の研究でわかってきました。ただしこれは大量投与あるいは高濃度での使用、もしくは長期間の連続使用などでの可能性の話です。これは限度を超えた使い方の場合です。しかし、ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)の毒性が髪の毛に及ぼす影響はやはり無視できません。


2008y05m10d_230327046.jpg■髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人のシャンプー選び
ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)の毒性の話ですが、これは本当の話です。しかもメーカーの生産工場では、防護服を着て扱う危険な合成化学物質です。それでも、商品の成分率では人体に影響がない程度に薄められているといわれています。しかし髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人にとってはその人体に影響がない程度の話でも大問題です。最近では ラウレス硫酸Na というよく似た名前のマイルドな原料が使われるようになってきています。

高価な育毛剤に大金を使う前に身近なものに目を向けて、抜け毛、薄毛などの髪のトラブルや頭皮のトラブルの原因を減らしていきましょう。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。