2008y05m01d_231732625.jpg

髪の毛にいいシャンプーとは

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。髪の悩みは案外身近なところから原因や思い当たることもあるかもしれません。

髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。同じ悩みをもつ人なら相談も出来るかもしれませんがなかなかそうもいきません。ましてや女性の場合はなおさらです。

2008y05m13d_000111046.jpg今回は髪の毛にいいシャンプーとはについて少し解説してみたいと思います。シャンプーは薬事法によって「化粧品全成分表示」が義務付けられています。そのため配合割合の順に成分が表示されています。特に髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人には髪の毛にいいシャンプーというものを使いたいものですよね。

■髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人のシャンプー選び
簡単に結論から言うとシャンプーにトリートメント成分やリンス成分が混ざっているのはまずダメだと思ってもらっていいと思います。シャンプーにトリートメント成分やリンス成分が混ざっているシャンプーの洗浄力が落ちて油脂が頭皮に残ってしまう可能性が高くなります。頭皮の油脂は脱毛を引き起こす大きな原因の一つです。頭皮に必要以上の油脂が状態はなるべく作らないようにしましょう。

■界面活性剤の入った合成シャンプー
界面活性剤の入った合成シャンプーはなるべくさけたいものです。合成シャンプーの利点は、洗浄力も強く、泡立ちもいい事です。さらに最近ではお好みの香りも選べてお風呂でもリラックスタイムに一役かってくれている事も多いかもしれません。

しかし、合成シャンプーの難点は、髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人にとっては最悪の相性なのです。下手をすると抜け毛や薄毛の原因を作っている可能性すらあるのです。

■一般的に平均点の高い石鹸シャンプー
石鹸シャンプーは髪のトラブルや頭皮のトラブルでお悩みの人でも割と愛用者も多く抜け毛や薄毛の原因になることはないようです。石けんの界面活性剤は、合成シャンプーの界面活性剤と同じように、洗浄力も強く合成洗剤並みです。しかし、ある濃度以上に薄くなると、急に洗浄力を失う特徴を持っています。これは、頭皮の皮脂膜を根こそぎとってしまいかねない合成シャンプーに比べて格段に安心できます。

ただ石鹸シャンプーの難点は使い慣れるまで石けんカスが髪に残ったり、フケ状のものが出やすいということです。あと人によっては痒くなったりすることが多いとも言われています。あくまで個人差があるのでまずは自分自身で試してみることが一番かもしれませんね。

■まとめ
はげている人は、頭皮が汚れてる事が多いです。毎日キッチリ丁寧に髪を洗っていても、実は頭皮が汚れてる事が多いのです。きちんと汚れを落とす役目のシャンプーが頭皮の油脂汚れを落としてくれていない事があるという事を理解しましょう。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。