2008y05m01d_231732625.jpg

はげる仕組みと治療薬

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。はげは遺伝だとか、はげは治らないとかであきらめてはいけません。ほっておくとそれこそ大切な髪が抜けてしまっておしゃれどころではありません。

正しい知識と、正しいヘアケア、スカルプケアで少しでも現状を維持しましょう。髪に関する情報は自分自身が積極的に追い求めないと入ってきません。さらに、髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

最近になって髪の毛のトラブルは病院で診てもらうという社会の認識がでてきました。抜け毛にはさまざまな原因があります。髪の毛のトラブルへの認識が変化したことによって根本的な原因の解明を医療機関で診断をしてもらってから判断するという考えからきているといえます。

■男性型脱毛症の治療薬
男性型脱毛症は、時間と共に進行していく脱毛症です。男性型脱毛症では髪が薄くなっていくことを抑える事が最善の対策です。そんな男性型脱毛症ですが治療薬はあります。フィナステリドという成分の入った経口摂取タイプの治療薬です。平たく言えば飲む発毛剤です。

■フィナステリドという成分の入った治療薬とは
フィナステリドという成分の入った男性型脱毛症の治療薬は若ハゲの治療薬として多くの国で登録されています。日本ではプロペシアという商品名で発売されています。(1年間の臨床試験の結果、2005年10月に厚生労働省に承認)

■フィナステリド(製品名プロペシア)の効果
フィナステリドの効果は、98%の人が少なくとも男性型脱毛症の進行をくい止められたという結果があります。もちろん髪が増える効果も期待でき、髪の質なども改善する可能性があることも確認されています。

従来の育毛剤とは決定的に異なる点は頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点だとも言われています。さらに、副作用に関しても特にとりだたされる副作用は報告されていません。

■医師の診断・処方箋が必要なフィナステリド(製品名プロペシア)
国内では、フィナステリド(製品名プロペシア)を入手する際、市販薬ではないので医師の診断・処方箋が必要になります。いずれにしろきちんと医療機関で診断をしてもらうことからはじめるのが髪の毛のトラブル対処の第一歩でしょう。

抜け毛にはさまざまな原因があります。
髪の毛のトラブルへの認識が変化したことによって根本的な原因の解明を医療機関で診断をしてもらってから判断する事が重要だという考えも納得できるかもしれませんね。

参考になる無料情報レポート
〜1年後の自分が若くなります〜ハゲる仕組みを知らないからハゲるんです!
あなたはいつまで、ハゲる仕組みを知らないまま、その間違った知識で育毛を続けるのですか?

1つ言っておきましょう。ハゲから回復するにはタイムリミットがあります。ある時期を過ぎると、体の構造上どうあがいても発毛することはありません。だからあなたはこのレポートを読む必要があるのです。
この記事へのコメント
こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






ただ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/97715504
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。