2008y05m01d_231732625.jpg

男性ホルモンと抜け毛の関係

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

■ストレス社会とホルモンのバランス
ストレス社会と呼ばれる現在では男性、女性に関わらずストレスによる弊害にさらされています。外見で切実なのがストレスによる抜け毛ではないでしょうか。

これはホルモンのバランスが崩れることによって発生する弊害です。ホルモンのバランスが崩れるとは抜け毛に関して言及すると男性ホルモンの過剰分泌のことです。

男性ホルモンは生まれつきの分泌量の差で多い少ないはありますが、強いストレスが原因で増加する事は間違いありません。女性の場合は、月経異常や生理不順などの原因になったりします。

■男性ホルモンの過剰分泌の弊害
男性ホルモンは増えすぎると皮脂の過剰な分泌によるニキビの発生や、分泌元である前立腺の疾患などのリスクがあがります。 髪の毛に関しては、薄毛・抜け毛など特に外見上で悪影響の原因になります。

しかし男性ホルモンが原因で薄毛の傾向にあっても希望を捨てることはありません。男性ホルモンの過剰分泌は、生活習慣や食生活を見直すことで改善されることが多いのです。また、頭皮の血行を促進することでも、薄毛を遅らせることも十分可能です。

■男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛・薄毛の対処法
男性ホルモンをうまく抑えるにはとにかく意識してストレスの原因を作らないことです。特に、長時間のパソコン作業など同じ種類のストレスは長い時間受け続けないように工夫してください。仕事上ではなるべく気分転換を取り入れてストレスを溜め込まないようにしましょう。

その他、薬による改善や女性ホルモンの注入、または自然の成分を使った対処法などがあります。育毛を主に考えるなら、各種の育毛剤(薬)や自然の成分などで改善を図ることが現実的かもしれませんね。
2008y06m04d_215012109.jpg
自然の成分で有名なのは以下にあげるものです。
□プラセンタエキス
□ホホバオイル
□ソーパルメット(ノコギリヤシ)

いずれにしても根本原因であるストレスから離れる環境を作り出さないと髪の毛に関する弊害以外も起こりうる可能性がありますので自分自身の生活を振り返って改善できることから日常生活を変える意識を持つ事が大切かもしれません。

この記事へのコメント
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/99375623
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。