2008y05m01d_231732625.jpg

抜け毛のメカニズム

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。薄毛抜け毛の原因は人それぞれです。

受身では情報が入らないことも多く人知れず悩む人も多いようです。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

最近すっかり育毛という言葉が世間一般に浸透してきましたが、意外と髪の毛が生えるメカニズムについて正確に知らない人が多いようです。

抜け毛、薄毛の悩みの解消には、原因を知る必要があります。髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで髪のトラブルの対策を立てることができます。

■髪が抜け新しく髪生える仕組み
頭皮の中には、髪の元が生成される場所があります。この毛の元の部分を「毛根」といい、毛根は頭皮の毛包の中から生えてきているのです。

新しい髪の毛を作るための栄養分は、毛細血管に乗って髪の「毛乳頭」という部分に送られます。「毛乳頭」は毛根の根本にあるふくらんだ部分の中心で、根本の丸い部分は「毛球」と呼ばれています。毛乳頭に届けられた栄養分はここで新しい髪の毛の育成に役立てられるのです。

■ヘアサイクルを理解する
髪には「毛周期」というサイクルがあります。「成長期・退行期・休止期」を繰り返している現象で、これで寿命を終えた髪が抜け、新しい髪が生えるのです。

ここでのサイクルは人によってばらつきがあります。成長期は人にもよりますが、だいたい3〜6年です。それを過ぎると退行期に入ります。これは2〜3週間とされ、その後休止期に入ります。休止期の髪は、新しい髪に押し出されるような形で自然に抜けていきます。休止期は表面上では解りませんが、内側では新しい髪を作っている時期なのです。

■一日に抜ける髪の量
栄養が毛乳頭に行き届き、髪を作る機能を順調に働かせているかぎり髪の毛は健康です。一日に抜ける髪の毛は、男性で100本、女性で150本程度が平均と言われています。これは季節などによっても違いがあり、異常に多いと自覚する以外は悩む心配はあまりありません。休止期を迎えた髪の毛は自然と抜けるものなのです。髪の毛のサイクルが正常なら、新しい髪の毛が育つ準備は整っているはずです。

■異常脱毛はサイクルを正常にすることが第一です
抜け毛の量があまりにも多すぎる場合はサイクルに狂いが出ている可能性があります。この場合は、対策を立てなければなりません。この髪の毛のサイクルを乱さないようにすることが、抜け毛を防ぐポイントです。言い換えれば、異常脱毛の症状が出た場合は、その原因と髪の毛のサイクルを正常化にする根本的な対策から考えていくことがベターです。

髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。そして、女性の人でも密かに悩んでいる人が増える傾向にあります。
「とりあえず育毛剤を使う。」
のではなくしっかりとした髪の毛の知識を身につけ正しい育毛を行ないましょう。

■髪の毛の知識
髪の主な成分はアミノ酸(タンパク質)です。そのアミノ酸(タンパク質)の種類もたくさんありそれらをを材料として髪の毛が形成されています。一般的には一番外側がキューティクルと呼ばれるものでシャンプーやリンスのコマーシャルなどで聞いた事がある人が多いと思います。そのキューティクルの内側に コルテックスとよばれるものがあり髪の毛の芯の部分はメデュラと呼ばれています。

■頭皮と髪の毛の関係
髪の毛自体は生きた細胞でありません。髪の毛は一度ダメージをうけると簡単に修復することはできません。しかし抜け毛に悩む人の多くが頭皮に問題が多い傾向があります。もっとも一般的な兆候は頭皮のフケ、かゆみだと思います。頭皮の皮脂の分泌量が多くなると、皮脂に含まれる過酸化脂質が増加します。そういった分泌物が頭皮を刺激し、フケ、かゆみを引き起こします。
例えば、一日お風呂で頭を洗わなければかゆみが発生したりするのも不潔な状態で分泌物が蓄積されて細菌が繁殖してしまう為です。

■生活環境と髪の毛の状態
髪の毛も体の一部です。頭皮の血行が悪くなったりすると髪が正常に生えなくなり抜け毛の原因になります。普段の洗髪や、ブラッシングでも自然に毛髪は抜けますが、1日に100本以内であれば特に問題はありません。しかしそれ以上の場合は体の状態や生活環境などの原因が必ずあります。その原因さえ取り除いてあげれば、髪は再び発毛します。

■抜け毛のチェック
「最近抜け毛が多いな」と思う人は自分の抜け毛のチェックから始めましょう。
以下にあてはまる人は要チェックです。
・髪の毛の先端にいくにしたがって、先細りしている抜け毛
・毛根が小さく、変形している

■ストレス社会の現代において
ストレスを受けた抜け毛の場合は生活環境そのものを変えなければ一般的な育毛効果は期待できないといわれています。この場合はなかなか難しいですが出来る限りストレスを溜め込まないように発散する方法を見つけましょう。


2008y05m01d_225625296.jpg髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。高額な治療プログラムや聞きなれない育毛剤を使用する前に進んで情報を集めましょう。自分で動かなければ、受身では情報は入ってきません。がんばって悩みを解決しましょう。

育毛に自然成分を使う

男性ホルモンと抜け毛の関係では男性ホルモンの過剰分泌の弊害について少し解説しました。その中で、男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛・薄毛の対処法として自然の成分を使った対処法を紹介しました。

育毛を主に考える自然の成分で有名なのは以下にあげるものです。

□プラセンタエキス
□ホホバオイル
□ソーパルメット(ノコギリヤシ)


少し詳しく見ていきましょう。

■プラセンタエキス
プラセンタエキスには、過剰な男性ホルモンを抑える働きがあります。また、プラセンタエキスの血行を良くする作用によって、頭皮では皮膚への血流が盛んになり栄養状態も良くなります。ほとんどの慢性病を改善する効果があると言われています。

プラセンタエキスとは胎児と母親をつなぐ「胎盤」から抽出した物質です。抽出方法は色々あり、アミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれています。商品化されているモノはメーカーによって由来は様々です。ヒトや牛から抽出されるのです。

■ホホバオイル
ホホバオイルは、主に北米の乾燥地帯に生息している植物「ホホバ」の実から抽出される天然成分です。

ホホバオイルには頭皮の健康を回復したり傷んだ髪を修復する働きがあります。また、ホホバオイルには皮脂腺の活動を抑える性質があります。これは、にきびやフケのように皮脂の分泌過剰によって起こる状態を抑制する働きがあります。

■ソーパルメット(ノコギリヤシ)
ノコギリヤシは別名ソーパルメットと呼ばれている植物で、北米南東部にかけて広く分布するヤシの一種です。

このヤシの果実ノコギリヤシ(ソーパルメット)に含まれる脂質が、脱毛の原因であるテストテロン(男性モルモンの一種)の取り込みを抑制するのです。

いずれの自然成分も副作用の心配がほとんどなく安心して使用できる点が共通しています。

男性ホルモンをうまく抑制してやることで、男性型脱毛症の進行をストップさせたり、体調そのものを快調にしてくれたりします。また皮脂の過剰な分泌によるニキビ予防、または分泌元である前立腺の疾患から改善をはかることができるのです。

そして、意外とおろそかにしがちなストレス管理や、食事バランスなどの生活環境の見直しも同時に行うことが若はげや薄毛の予防に効果的です。まずは出来ることから少しずつ髪と頭皮にいいことを行うことを心がけることが大切です。
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。