2008y05m01d_231732625.jpg

最近、抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる人の危機管理

最近、抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる人の生活環境とは

■男性の抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる原因
男性の人なら仕事がハードで不規則だったり、十分な休息が取れていなかったりする場合が多いです。抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じたら最低でも食生活はバランスのよい食事をしましょう。

仕事が順調でハードなのも大変ですが、仕事がうまくいかずストレスによるタバコの本数の増加、飲酒量の増加も髪の毛の抜け毛を増やす原因です。

■女性の抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じる原因
女性の人の場合は抜け毛に関して異変に気づくのは男性に比べて早いです。一般的に女性の髪の毛は男性の髪の毛に比べて長さがながいので洗髪の時とかで排水溝の抜け毛の量が多く見えるからだと思います。

女性の場合の髪の毛の抜け毛を増やす原因は無理なダイエットやストレスが圧倒的に多いとされています。抜け毛が多いなぁ〜と不安を感じたら男性同様に最低でも食生活はバランスのよい食事をしましょう。



何かしらの育毛や抜け毛対策を行なっている人は
太い毛の抜け毛だけではなく、細く短い毛の抜け毛が減っていることを確認する必要があります。

一般的に若はげと呼ばれる脱毛症は男性型脱毛症や壮年性脱毛症のことを指します。
思春期以降に脱毛が増加し30代で髪の毛が薄くなってしまう事が多いようです。額の生え際や頭のてっぺんあたりから薄くなり進行していくのが特徴です。脱毛した部分の髪の毛は細い弱々しい毛やうぶ毛になっていることが多く、さらに進行すると髪の毛がなくなってしまうこともあります。

また壮年性脱毛症は、一般的に男性だけでなく女性にも見られる遺伝性の薄毛又は抜け毛です。壮年性脱毛症はゆっくりと何年もかかって進行します。壮年性脱毛症の人の抜け毛は、特に細く短い毛の抜け毛が多くなる場合が多いです。1日あたり50〜300本抜けることは正常な範囲ですので心配な人は自分ひとりで悩まず専門のところでみてもらうのもいいかもしれませんね。

男性ホルモンと抜け毛の関係

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

■ストレス社会とホルモンのバランス
ストレス社会と呼ばれる現在では男性、女性に関わらずストレスによる弊害にさらされています。外見で切実なのがストレスによる抜け毛ではないでしょうか。

これはホルモンのバランスが崩れることによって発生する弊害です。ホルモンのバランスが崩れるとは抜け毛に関して言及すると男性ホルモンの過剰分泌のことです。

男性ホルモンは生まれつきの分泌量の差で多い少ないはありますが、強いストレスが原因で増加する事は間違いありません。女性の場合は、月経異常や生理不順などの原因になったりします。

■男性ホルモンの過剰分泌の弊害
男性ホルモンは増えすぎると皮脂の過剰な分泌によるニキビの発生や、分泌元である前立腺の疾患などのリスクがあがります。 髪の毛に関しては、薄毛・抜け毛など特に外見上で悪影響の原因になります。

しかし男性ホルモンが原因で薄毛の傾向にあっても希望を捨てることはありません。男性ホルモンの過剰分泌は、生活習慣や食生活を見直すことで改善されることが多いのです。また、頭皮の血行を促進することでも、薄毛を遅らせることも十分可能です。

■男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛・薄毛の対処法
男性ホルモンをうまく抑えるにはとにかく意識してストレスの原因を作らないことです。特に、長時間のパソコン作業など同じ種類のストレスは長い時間受け続けないように工夫してください。仕事上ではなるべく気分転換を取り入れてストレスを溜め込まないようにしましょう。

その他、薬による改善や女性ホルモンの注入、または自然の成分を使った対処法などがあります。育毛を主に考えるなら、各種の育毛剤(薬)や自然の成分などで改善を図ることが現実的かもしれませんね。
2008y06m04d_215012109.jpg
自然の成分で有名なのは以下にあげるものです。
□プラセンタエキス
□ホホバオイル
□ソーパルメット(ノコギリヤシ)

いずれにしても根本原因であるストレスから離れる環境を作り出さないと髪の毛に関する弊害以外も起こりうる可能性がありますので自分自身の生活を振り返って改善できることから日常生活を変える意識を持つ事が大切かもしれません。

はげる髪質とその傾向

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。そのため一昔前では考えられなかった若者達や、女性の薄毛、抜け毛に関しての関心は高まりつつあると言われています。

髪の毛が薄くなったりはげたりするのは遺伝の要素が強いと言われていますが100%ではありません。

■はげる人の体質の傾向
一般的に、健康な生活をしていて髪の毛が薄くなったり、頭のハゲる人は、男性ホルモンの過剰な人が多いと言われています。男性ホルモンが過剰になると、頭髪の毛がはえにくくなり、頭髪以外の部分には、逆にはえやすくなるという研究結果もあります。

一般的に言われている対処法としては、薬による改善や、日ごろの生活習慣の変化、もしくは女性ホルモンの注入、または自然の成分を使った方法などがあります。

■剛毛とネコ毛
剛毛で固く髪の毛の多い人でも髪の毛が薄くなりはげる人もいます。逆にまったくはげない人もいます。髪の毛が細くてボリュームのない人もまったくはげていない人はたくさんいます。一概に髪質でハゲるハゲないを決め付けることは難しいのが現状のようです。

■整髪料と髪染め
若いうちは異性の視線も気になるので、特におしゃれ感覚で髪型をセットする人が多いようです。しかし、整髪料は使いすぎると確実に頭皮や髪にダメージを残すと言われています。

頭皮に整髪料をつけないように心がけても汗をかいたりして整髪料の成分が付いてしまうことは十分考えられます。髪を染めることも頭髪に良くないことは確かです。キツイ化学物質の臭いのする液体が身体にいいことはないと誰もが思うはずです。

人間の髪のボリュームは20代後半から急速に減少するとも言われています。スッピンでは出歩くのが嫌になる女性の化粧をする心理と同じで、髪型も気にしだすとキリがありません。5年・10年後には色で悩むどころか、毛がなくなってたり 髪型を選べない状況になってる事を考えるとあんまり髪や頭皮に負担になることは止めた方がいいという意見もあります。

■結局、冒頭に述べた通り
一般的に言われている対処法としては、薬による改善や、日ごろの生活習慣の変化、もしくは女性ホルモンの注入、または自然の成分を使った方法などの中から、髪質にとらわれず自分にあった方法を選択して頭皮ケアをしていくことが賢明かもしれません。

自然脱毛と異常脱毛

抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。特に女性の場合は髪の毛は命です。髪の毛のトラブルは自分自身で行動しなければ受身では情報は入手できません。ましてや女性の場合は同じ悩みをもつ人は周りにいないことの方が多いのです。

これは「髪の毛の知識」の項目で少し触れました。育毛、増毛、さらにはかつらの使用を選択する場合にも髪の毛に関する正しい知識はもちろんのこと頭皮に関する正しい知識は必要不可欠です。今回の項目では脱毛について簡単に説明していきたいと思います。

健康で丈夫な髪が生えるには頭皮から十分な栄養分をもらわなければなりません。必要な栄養分が不足したり、生活環境が乱れたりストレスがたまったりすると脱毛状態になることがあります。脱毛には自然脱毛と進行性脱毛があります。

■自然脱毛
一般的に1日に抜ける毛髪の本数は50〜100本が平均とされています。季節的に秋などは200〜300本抜けることがありますが夏場の紫外線や体力低下が出やすい時期だといわれています。もし、抜け毛が気になるようでしたらまずは身の回りから改善できることを行ってみる事が一番です。
以下の項目であてはまることから改善してみましょう。

 □睡眠不足が多い。
 □暴飲暴食をしている。
 □少しのことでもくよくよ考える。
 □夢中になれる趣味がない。
 □偏った食生活。
 □タバコ、アルコールの過剰摂取

■進行性脱毛
異常脱毛とも呼ばれていて毎日千本以上の毛が抜けることがあります。この場合、気がつくと髪の毛が薄くなってしまいます。原因はさまざまですがこの場合もまずは先ほど述べた自然脱毛の項目での改善事項を試してみることです。

一般的に若はげと呼ばれる脱毛症は男性型脱毛症や壮年性脱毛症のことを指します。思春期以降に脱毛が増加し30代で髪の毛が薄くなってしまう事が多いようです。額の生え際や頭のてっぺんあたりから薄くなり進行していくのが特徴です。

脱毛した部分の髪の毛は細い弱々しい毛やうぶ毛になっていることが多く、さらに進行すると髪の毛がなくなってしまうこともあります。進行性脱毛に関しては遺伝的な要素も多いとされてきましたがこれまでの研究で少しづつ解明されてきた部分もありますのでこれからに期待ですね。


最近では男性もおしゃれになってパーマや髪の毛を染めることも多くなっています。さらにヘアワックスや整髪剤の過度の使用も多いとされています。思い当たるふしのある人はさっそく改善しましょう。

年をとるにつれて全身の新陳代謝が低下して薄毛、脱毛が進行するのは自分自身でもなんとなく受け入れられますが若くしてそうなると大きな悩みになります。

最近では脱毛症は病院でも治療できます。患者が医療費を負担する自由診療(保険外診療)ですが自分自身の意識改革のつもりで診療を受けてみることもひとつの選択肢かもしれませんね。

夜更かしタバコは薄毛の元?

ストレス社会の現代において仕事環境が悪化している人が増加する傾向にあるといわれています。人手不足による仕事量の増加、経営不振による高ノルマの中の業務、不規則な生活を強いられる雇用環境などストレスを解消する機会よりもストレスを溜め込む機会のほうが圧倒的に多い場合がほとんどです。

薄毛予防は生活習慣の見直しから
毎日の習慣を改めてチェックし直すことは、立派な薄毛対策です。午後10時〜午前2時は新陳代謝が盛んに促され、毛根の細胞の働きが盛んになります。頭皮の中で新しい髪が作られ、古い細胞と置きかえられていく時間です。薄毛対策のキーポイントは、この時間には既に布団の中に入り眠っていることです。冒頭で述べましたがストレスは抜け毛の要因となります。

最近はストレス社会といわれるほどストレスを持つ人が多く存在しているようです。ストレスは毛細血管を収縮させてしまい、髪に栄養が届かなくなってしまう大きな原因です。適度なストレスは人生においてのスパイスですが度が過ぎると様々な弊害が表に現われてくるのがストレスです。

居酒屋でだべってストレス解消は髪に良い?
薄毛にならないようにするには、ストレス解消手段やストレスを軽減する工夫をし、おおらかな気持ちを持つことです。ストレス解消方法としてアルコールや煙草を嗜む方もいるかもしれませんが、薄毛を予防するのであれば、そのストレス解消方法は適していません。居酒屋などで同僚と上司の悪口を言ってストレスを解消するのも良いですが頻繁に日常的になってしまうと髪に良くないことも多いのです。

髪の大部分はたんぱく質で形成されています。度を超した飲酒は肝臓を弱体化させて、タンパク質を生成しにくくしてしまいます。さらに、お酒を飲むとタバコの本数も増える人も多いようで、これも薄毛を促進している可能性があるのです。タバコの吸い過ぎは血管を縮め、頭皮へ行くはずの栄養を阻害するのです。薄毛防止に必要な成分であるビタミンCも、タバコを吸うとどんどん壊れていってしまいます。

薄毛を予防するためには、多くの栄養成分が必要です。偏りのない食事メニューを心がけ、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などを積極的に体に取り入れてストレスを解消できる健康的な趣味を持ったりすることから始めてみることがいいかもしれませんね。

薄毛は遺伝が原因なのでしょうか

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

抜け毛、薄毛の悩みの解消には、原因を知る必要があります。髪の生えるメカニズムを知り、自分の髪で何が起きているか知ることで髪のトラブルの対策を立てることができます。
頭髪の抜け毛の原因は人それぞれ違います。男性の場合と女性の場合も抜け毛の原因は大きく違うこともあります。

■一般的な抜け毛の原因
一本一本の髪の毛はみな個別の寿命(ヘアサイクル)があります。一般的に髪の悩みや抜け毛をまったく気にしない人の場合、発毛・成長・脱毛・再発毛のプロセスは3〜6年といわれています。一方、抜け毛や髪のトラブルに悩む人の多くはこの頭皮のサイクルに異常が生じている事がほとんどです。抜ける髪があれば新しく生える髪もあるのです。この新しく髪がはえるプロセスに問題が発生し頭の髪が薄くなっていくのです。

■髪は毎日抜けるものです
毎日頭髪は抜け落ちます。髪が抜けたからと神経質になる必要はありません。季節や体調にもよりますが一時的に一日に100本を越えるほど抜け毛がある場合もあります。しかし、普段抜ける以上に抜け毛が増えたと感じるようになった場合は対策を講じるべきです。

■遺伝による抜け毛
抜け毛の要因には、遺伝によるものもあります。どちらの親もともに髪が薄い場合や、母親の髪が薄い場合、その男性の子供はほぼ確実に抜け毛になると言われています。遺伝由来の原因によって抜け毛となったとしても、防止策をきちんととっておくことで抜け毛の進行を遅らせ、現在の頭髪の状態を保つことができます。誰しも、年齢を重ねるごとに抜け毛は増えていきます。

■正しい対策はムダではない
遺伝による薄毛は避けられないかもしれませんが、抜け毛対策をしていた人とそうでない人には確実に差が出ます。頭髪の抜け毛対策をきちんと行い、現在の頭髪を減らさずに維持していくことには大きな意味があります。

抜け毛を引き起こす原因は1つではなく、フケが引き起こす頭皮の炎症、血流不足による毛根の栄養不足、皮脂の過剰分泌による負担など、複合的な要因によるものです。ひとつずつでも改善していくように心がけていけば何もしていない人とは大きな差が開きます。自分の頭髪の抜け毛の原因が何かを知ることも防止策を立てる上での重要ポイントです。

抜け毛の原因を知るためには、美容クリニックや専門家のカウンセリングを受けてみることで解決の糸口となることがあります。

はげる仕組みと治療薬

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。はげは遺伝だとか、はげは治らないとかであきらめてはいけません。ほっておくとそれこそ大切な髪が抜けてしまっておしゃれどころではありません。

正しい知識と、正しいヘアケア、スカルプケアで少しでも現状を維持しましょう。髪に関する情報は自分自身が積極的に追い求めないと入ってきません。さらに、髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

最近になって髪の毛のトラブルは病院で診てもらうという社会の認識がでてきました。抜け毛にはさまざまな原因があります。髪の毛のトラブルへの認識が変化したことによって根本的な原因の解明を医療機関で診断をしてもらってから判断するという考えからきているといえます。

■男性型脱毛症の治療薬
男性型脱毛症は、時間と共に進行していく脱毛症です。男性型脱毛症では髪が薄くなっていくことを抑える事が最善の対策です。そんな男性型脱毛症ですが治療薬はあります。フィナステリドという成分の入った経口摂取タイプの治療薬です。平たく言えば飲む発毛剤です。

■フィナステリドという成分の入った治療薬とは
フィナステリドという成分の入った男性型脱毛症の治療薬は若ハゲの治療薬として多くの国で登録されています。日本ではプロペシアという商品名で発売されています。(1年間の臨床試験の結果、2005年10月に厚生労働省に承認)

■フィナステリド(製品名プロペシア)の効果
フィナステリドの効果は、98%の人が少なくとも男性型脱毛症の進行をくい止められたという結果があります。もちろん髪が増える効果も期待でき、髪の質なども改善する可能性があることも確認されています。

従来の育毛剤とは決定的に異なる点は頭頂部(頭のてっぺん)だけでなく、髪の毛の生え際などの前髪にも効果がある点だとも言われています。さらに、副作用に関しても特にとりだたされる副作用は報告されていません。

■医師の診断・処方箋が必要なフィナステリド(製品名プロペシア)
国内では、フィナステリド(製品名プロペシア)を入手する際、市販薬ではないので医師の診断・処方箋が必要になります。いずれにしろきちんと医療機関で診断をしてもらうことからはじめるのが髪の毛のトラブル対処の第一歩でしょう。

抜け毛にはさまざまな原因があります。
髪の毛のトラブルへの認識が変化したことによって根本的な原因の解明を医療機関で診断をしてもらってから判断する事が重要だという考えも納得できるかもしれませんね。

参考になる無料情報レポート
〜1年後の自分が若くなります〜ハゲる仕組みを知らないからハゲるんです!
あなたはいつまで、ハゲる仕組みを知らないまま、その間違った知識で育毛を続けるのですか?

1つ言っておきましょう。ハゲから回復するにはタイムリミットがあります。ある時期を過ぎると、体の構造上どうあがいても発毛することはありません。だからあなたはこのレポートを読む必要があるのです。
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。