2008y05m01d_231732625.jpg

かつらに関する失敗

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあります。髪の毛のトラブルはなかなか人には相談できません。ましてや女性の場合はなおさらです。

髪に関する皆さんの関心も最近のかつらのCMの多さなどでわかると思います。育毛などの処置や薬剤の開発も日々進んでいるようですがかつらに関する技術も格段に向上しているように感じられます。なんといっても見た目では自毛と変わらない自然なかつらのCMなどは今後も大きな期待を感じてしまいます。

2008y05m19d_224821046.jpgそんなかつらですがかつらになじみがない人は色々と素朴な疑問を感じませんか?そんな疑問を集めてみました。

■かつらは一生モノ?
かつらには寿命があります。メーカーなどにもよりますが大体2〜3年ぐらいが寿命とされています。メガネやスーツなどのように同じモノをうまくローテーションして使いまわすと長持ちするといわれています。

■かつらの返品はできるの?
かつらは基本的に返品は不可です。現実的にオーダーした人がいきなり返品することは考えにくいです。考えられるのは出来上がったかつらがイメージと違っていた、ということは起こることもあります。この場合はメーカーさんにもよりますが負担のかかる作り直しはイヤがる場合が多いです。

■良心的なかつらサロンとは?
かつらは先ほど述べたとおり使用していくうちに痛んでゆく、消耗品に近いモノです。かつらを使用している人の殆どはかつらの買い替えを経験されている方であると考えられます。人の好みは様々ですしかつらは決して安価なものではありません。

こういった微妙な個人のイメージをかつらで表現する事にやはり各メーカーさんは苦労されているようです。良心的なかつらサロンというのはお客様の話をよく聞いてくれて納得のいくまでこだわりに付き合ってくれるところであると思います。

■かつらに関する失敗
かつらに関する失敗はお店選びですでに失敗するケースも多いようです。注文して出来上がったイメージと違っているかつらにたいして「この方が自然ですよ」などと説得するお店や、次々と新しい商品をセールスしてくるお店では安心して満足できるかつらは探せないでしょう。口コミや信頼できる情報からお店を探すことが近道のようです。

かつらに関する失敗でもう一つ多いのが取り扱いによる損傷だそうです。かつらは毎日つかうものです。不潔のまま使い続けると、汗や頭皮の脂にさらされダメージを受けやすくなるといえます。さらに細菌や菌が繁殖してかつらの劣化の原因になってしまいます。このように適切でない取り扱いによる失敗が多いそうです。


かつらメーカーさんの髪に関する情報や経験はなかなか侮れません。髪の毛のトラブルや髪の毛に不安を感じている人は試しに無料ヘアチェックや無料育毛冊子の資料請求などしてみてはいかがですか?

かつら着用の男性に対して女性の反応は?

日本人男性の最も多い悩みとは髪に関することといわれています。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増える傾向にあるそうです。

これは「日本人男性の最も多い悩みとは」の項目ですでに書きました。では、かつら着用の男性に対して女性はどう思っているのでしょうか?

2008y05m07d_232429593.jpgかつら着用に関して異性(女性)の反応は人それぞれバラバラのようです。長い間、かつら着用の男性と交際をしている女性のほとんどが洗髪しないことに疑問を感じてしまうようです。しかし我々男性が思っているとは裏腹に、ハゲている男性でも別にかまわないという女性は多いようです。

あくまで髪の毛があるほうが第一印象はあがるかも知れませんがそれも一つのきっかけでしょうか。

なお、かつらは値段によって質にかなりの開きがあります。一般にいわれる有名店で作成されたかつらは自然なモノで本物の髪と見分けがつかないモノもあります。一般的にあまりにも安価なかつらはやはり見た目も不自然なことが多いばかりか、耐久性の面から見てもよくありません。完全オーダーメイドとなればそれなりの価格はしてしまいますので、どこで妥協点を探すかもご自身の予算しだいということでしょうか。

かつらは大切に手入れをして、替えを持ってローテーションをして使ったりすると長持ちします。しかし永久的に使えるものではありません。自分自身の髪の毛の変化もありますし、何よりもかつらが傷んでくるからです。

そういった面から見ればかつらは消耗品の一部として考えるほうがいいかもしれませんね。もしかつらを着用されている人がいたらコメントや参考意見を下さい。かつらもメガネなどのように世間一般に認知されるように早くなって欲しいものですね。

参考にさせていただいたサイト

間違いだらけのかつら選び

日本人男性の最も多い悩みとは

日本人男性の最も多い悩みは髪に関することです。抜け毛で悩んでいる人が、10代や20代の若い世代にも増えてきているといわれています。ストレス社会で生きる人たちは日々髪の毛が抜ける環境にさらされ、仕事や生活環境の不規則さから身体の調子を狂わせている人も多いともいわれています。

そんな中でかつらの利用人口は、年々増えていっています。かつらは装着している本人以外は公にその利用を公表したりはしません。ですから身近にかつらを使用している人がいても気づかないこともあります。実際の日本のカツラ人口は、100万人といわれています。

テレビのコマーシャルでもやっていますが商品の種類やかつら関連の技術が向上したことが大きな要因でしょう。髪に関するトラブルは低年齢層化しているといわれていますが、カツラの利用者の年齢も数年前よりも徐々に低下傾向にあります。

■カツラの価格はいくらぐらいか知っていますか?
カツラメーカーはたくさんありますがまちまちですが、既製品の場合10〜30万円程度、オーダーメイド品の場合40〜60万円程度が平均的価格といわれています。ただし高級品とよばれるかつらは約50万円から100万程度が相場であるともいわれています。

かつらは実際の人間の髪(人毛)を利用して作られたものや、ポリエチレンなど化学繊維(人工毛)を利用して作られたものがありそれによっても価格は変わってきます。

■かつらメーカーの育毛チェック
カツラメーカーの髪に関する情報やノウハウは髪に関するトラブルを持った人なら心強いモノでしょう。よくテレビのコマーシャルでもやっていますので気軽にカウンセリングなどもうけてみる事もひとつの選択肢として持っておいても良いかもしれませんね。無料で出来ることも多いですし、無料の冊子や情報誌を配っていることも少なくありません。

ただし、あくまで企業はボランティア団体ではありません。企業側からみれば最終的には売り上げに結び付けなければならない側面がある事を忘れないように上手に利用しまた逆に利用されましょう。
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。