2008y05m01d_231732625.jpg

発毛と生活習慣

生活習慣病と発毛には非常に深い関係があり、発毛を促すためには生活習慣そのものを変える事を考える必要がある人も多いといわれています。

髪が薄くなり始めて、毎日発毛を促進するために髪に良いことを行なう人でも、それと同時に髪によくないことをしていては元も子もないのです。

■飲みすぎると髪の毛に良くない
飲酒そのものが髪に良くないわけではありませんが、発毛に悪影響なのは過度の飲酒です。酒量が一定量を超えると血液循環が悪くなります。さらにお酒を飲みすぎると肝臓に大きな負担をかけることになります。すると髪の毛を構成するたんぱく質の作られる量が減ってしまうのです。

そもそも過度の飲酒は頭皮の健康のためというよりは身体の健康そのもによくありません。なるべく控えるようにすることがベターです。

■タバコと発毛の関係
科学的に喫煙そのものが髪へ及ぼす影響は実証されてはいません。しかし、タバコの吸いすぎも発毛にはよくない理由はたくさんあるのです。タバコの吸い過ぎは血管を収縮させ、新しい髪を作るための栄養が行き渡らなくなりますので、発毛には悪影響を及ぼします。

お酒とタバコの量が多い人は、発毛だけではなく健康面でも不安があります。まずは普段の生活習慣から見直していきましょう。

■よく眠りストレスをためない
睡眠不足は発毛にとってあまり良いものではありません。なぜなら人間の身体のメカニズム上、髪は夜によく成長するといわれています。特に午後10時〜深夜2時ごろによく睡眠をとるような生活習慣が発毛の促進にとって非常に良いものなのです。その時間帯に眠ると末端の細小動脈が拡張して新陳代謝が活発になり発毛が促進されることに繋がるのです。

そして、ストレス社会において難しいことかも知れませんが、ストレスをためないことです。ストレスも発毛によくない原因のひとつです。血管を収縮し頭皮の栄養が行き渡りにくくなる原因となり、また過度なストレスによって血管の収縮させ、脱毛の原因になってしまいます。

休日はのんびりと日常を忘れて夢中になれる趣味を持つなど、生活環境を変える努力をしてみることも大切です。
スポンサードリンク

2008y05m01d_231328265.jpg







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。